現在地:HOME会社案内写真で見る山賊の歴史錦町 長屋門建築/其の三

其の三

其の一  其の二  其の三  其の四  其の五  其の六

棟上

棟上01

12月1日の早朝から3日後の棟上に向け作業します。

棟上02

建物の西がわの一部を地面上で先に組みます。

棟上03

こんな感じにぴったりと継ぎ手と仕口が合います。

棟上04

全体像がみえるでしょうか。

棟上05

基礎の土台の上にも準備が進みます。

棟上06

先ほど組んだ、西側の部分をクレーンで持ち上げます。

棟上07

この画の一番左側になります。

棟上08

もう少し詳しい銀さんの図板です。左の赤い四角のところです。

棟上09

丁寧にそーっと下ろします。

棟上10

無事に座りました♪倒れないように仮にささえています。

棟上11

次の柱を立てていきます。

棟上12

丁寧に作業します。

棟上13

柱と同時に貫きもいれるので傾けながら少しず合わせます。

棟上14

赤く囲った部分の作業です。

棟上15

だんだん形がみえてきていますね。

棟上16

天気もいいです。12月ですが動くと暑いくらいです。

棟上17

愛情もって刻まれた材料が出番をまっています。

棟上18

先ほどの部分の反対側が出来上がり、長屋門の門の部分が運ばれます。材料はケヤキで漆仕上げです。

棟上19

わかるでしょうか、写真左手側の柱は仮置きで傾けています。

棟上20

傾けないと当然入りません。丁寧に作業します。

棟上21

レーカー使いの国清さんです。繊細な動きをオペレーターに伝えます。彼は元レッカー乗りだから抜群の指示です♪

棟上22

名レッカー使いの指示と大工の刻みのお陰で、すんなりと無事に収まりました。

棟上23

門の裏側の柱を立てにかかります。

棟上24

愛のこもった材料が次々に運ばれていきます。

棟上25

また、ケヤキが運ばれます。

棟上26

とても真剣な表情の大工さん達です。

棟上27

すごく綺麗な細工であり、収まりです。

棟上28

こうして1日目の日が暮れていきました。

棟上29

2日目の朝です。霧が濃いし、山の中ですので寒いです。

棟上30

しかし熱い想いの作業ですので、寒さなど吹き飛びます。

棟上31

今日は、後半の作業で梁(はり)をのせます。

棟上32

1本が約1,000kgあります。

棟上33

門の中央部を先にj地面上で組み立てます。

棟上34

図板で説明しますと赤い四角で囲った部分です。

棟上35

このように立派な形になりました。

棟上36

みんなも緊張して見守っています。材料も高いし、手もかかっている材料です。

棟上37

あらかじめ建てておいた柱に少しだけ接合します。

棟上38

門の下部もミリ単位の世界です。失敗すればすべてがパーになってしまうので緊張の一瞬です。

棟上39

だんだん形が見えてきていますが、全て仮の組み合わせです。

棟上40

全体をゆるく組み合わせながら進行しています。

棟上41

そして、すこしずつ全体を入れていきます。

棟上42

ここも、ギリギリ大丈夫そうです。緊張します。

棟上43

墨つけをした「銀さん」も一安堵です。ゆるく墨をつければよいというものでもありませんので本当に緊張の一瞬だったと思います。

棟上44

漆(うるし)仕上げの門が誇らしげにたっています。

棟上45

いい天気です。私の日頃の行いがよかったのでしょうか?(笑

棟上46

門の周りをすこしずつ組んでいきます。

棟上47

いよいよ梁(はり)が運ばれてきました。

棟上48

柱の上にすぐに梁が乗り、その上から桁(けた)でつなぐ構造にしています。

棟上49

太くて力強くて貫禄がります。

棟上50

こうして2日目の作業を終えました。