現在地:ホーム藤吉郎日記/2008年2月2日

藤吉郎日記

いつも読んでくれてありがとうございます。山賊のサムライ「とうきちろう」のきまぐれ日記です。

日別アーカイブ:2008年2月2日

魔除けセット

37.jpg

昔から日本では節分には色々な御祓い行っています。

豆をまいたり、ヒイラギや鰯(イワシ)をかざったりして邪気を祓います。

節分に、焼いたイワシの頭をつけたヒイラギの枝葉を家の入口に挿して、邪鬼を防ぐ魔除(まよ)けの風習があります。

ヒイラギを節分に飾るのは、ヒイラギのとげで鬼の目を突きさし退散させるためと言われています。又、ヒイラギは中国の爆竹と同じく、葉を火にくべて、そのはぜる音で鬼払いしたのが最初だと考えられています。

イワシは、焼くときの強烈なにおいを嫌がるとして古くから魔除(まよ)けにされていたようです。

こうして焼いたイワシを付けたヒイラギの枝葉を家の入口に挿しておくと、その家には邪鬼が入り込んでいないと思い福の神が安心して容易に家に入ってくれると信じられています。

山賊でも気軽に節分の魔よけが家庭でも出来るように「魔よけセット」を限定生産しましたよ。内容は豆まき用の豆と玄関に飾るイワシとヒイラギです。

数が少ないのですが、ご来店に際には是非店員に聞いて見てくださいね。2月3日までですよ♪
投稿日:2008年2月2日 10:06 AM カテゴリー:年中行事